在宅勤務プログラマの社会保険

会社に所属し、仕事をしていく際には様々な補償がありますよね。その中でも、社会保険などの補償はとても大きなもの。社会保険に加入していることで、年金や健康保険などにも加入することになりますから、万が一怪我や病気をした時にも安心して病院で受診をすることが出来るでしょう。しかし、在宅勤務となれば、これらの補償はなくなりますのであらかじめ理解しておくことが必要です。

では、在宅勤務プログラマの社会保険について、ご紹介しましょう。まず、在宅勤務で仕事をする際には、会社に所属していない状況となるため、今まで通りの補償を受けることは出来なくなってしまいます。在宅勤務の方は、あくまでも業務委託という扱いになりますから、正社員の方と同じ保障を受けることは出来ません。社会保険に加入することは出来ませんから、個人的に国民年金、国民健康保険などに加入し、自分で補償環境を作っていくことが必要となります。

年収200万円程度の方であれば、年間社会保険料として30万円程度かかることになりますから、これらも考えた上でお金の管理を行っていくことが必要となります。年主100万円未満の方でも、収入があれば保険料は軽減や免除など受けることは出来ませんから、こういった補償面も考えた上で在宅勤務を選ぶことが必要となるでしょう。これらの知識がないまま在宅勤務になってしまえば、「こんなはずでは…」と後悔してしまうことになりますからね。

在宅勤務プログラマというと、「仕事がしやすそう」「楽しく仕事が出来そう」といった良いイメージを持っている方が多いと思いますが、実際には補償面では不安もあります。在宅勤務プログラマを目指している方は、これらの社会保険なども考えて行動していくことが大切ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*